金融機関からの資金調達が比較的容易である

事業計画書作成のサポートがある

個人で事業やビジネスをするとき、既に資金が十分にあればそれを使って行えます。しかし全くない時や足りない時には別途資金を用意しないといけません。金融機関から借りられれば良いですが、借入を申し込んでも借りられないときもあります。個人で行うときにフランチャイズを利用するメリットとして、金融機関からの借入がしやすくなるときがあります。事業関係の融資の申込では、事業計画書の提出が求められるでしょう。これまで作成した経験が無ければ、勘だけで作成してしまう人もいるでしょう。フランチャイズを利用すると、フランチャイズの親会社のサポートが受けられるときがあります。事業計画書の作成のサポートを受ければ、金融機関からの納得が得やすくなります。

金融機関によって専用商品を置いている

個人で事業などを行うとき、一からすべて自分で行う方法とフランチャイズを利用する方法があります。一からすべて行うときは、ノウハウも資金もすべて自分で用意しなければいけません。フランチャイズであれば、ノウハウの提供の他、集客支援などが受けられます。お金の回り方が大きく異なります。金融機関に融資の申し込みをするとき、一般的な事業資金の融資しかないところもありますが、フランチャイズ加盟時の専用の融資商品を用意しているところがあります。融資限度額も高めに設定されていて、無担保、保証人なしでの融資にも対応してもらえます。返済期間も長めになっているので、資金繰りが厳しい創業当初において助かる融資の商品と言えるでしょう。