経営知識が乏しくても、仕事をしながら経営ノウハウを身に付けることができる

経営はヒト、モノ、カネの管理が大切

「いつかは独立して、自分のお店を持ちたい」そういう志を持った人は多いと思います。しかしながら経営は単に売上を上げれば良いというものではありません。お店を経営するには資金繰りや在庫の調達管理、人材の募集、育成から勤怠管理など、さまざまな事を考え、切り盛りする必要があります。また、許可申請など必要書類を役所に提出したり、税務署への確定申告など、商売をする以外にやらなければならないことがいっぱいです。会社勤めの場合、営業や総務、人事など各部門の担当者が分担して会社を運営しますが、独立すれば、これらをほぼ一人でやらなければなりません。
こう言うと経営知識を身に付けて独立するまで、かなりの労力と時間が必要になりそうですが、フランチャイズ方式であれば、仕事をしながら経営のノウハウを身に付けることができます。

フランチャイズは経営のイロハを教えてもらえる

フランチャイズ方式は、収入の一部をロイヤリティーとして本部に支払う代わりに、スーパーバイザーなどがお店の経営について、一から教えてくれます。例えば、資金繰りであれば、家賃や商品仕入れにいくら必要で、それを賄うにはどれくらい売上を上げないといけないかを教えてもらえます。また、固定費や変動費を抑えるコツについてもアドバイスしてくれます。このほか、在庫の管理方法やアルバイトの募集方法から指導方法、勤怠管理なども指導してもらえるのです。また、座学ではなく、実際に店舗を運営しながら、その場その場で必要な知識をタイムリーに学ぶので、早く身に付くといったメリットもあります。このように、経営のイロハを丁寧に教えてもらえるので、安心して独立することができます。