ネームバリューがあり、集客力に優れている

名前や看板を使うことができる

フランチャイズのメリットは、ネームバリューの高さです。例えば飲食店を開業する場合、提供している料理が分かるように店名をつけたとしても、店の名前だけで味や価格まで伝えることは簡単ではありません。それに対して、フランチャイズという形であれば既に高いブランド力を持っている店の名前を使って開業できるので、宣伝活動を殆どしなくても取り扱っている商品や価格帯を把握して貰うことができます。そして、特徴のあるロゴや看板を使うことができるので、遠くからでも何の店か手軽に把握して貰えることもフランチャイズのメリットのひとつです。お店を開業しても、集客をすることができるか不安がある場合はフランチャイズという形を考えておくと良いでしょう。

フランチャイズと宣伝活動

新しくお店を立ち上げる場合でも、宣伝活動に力を入れれば最初は集客を期待することができるでしょう。しかし、取り扱う商品の内容や価格帯、サービスの状態などによってはすぐに集客が右肩下がりになってしまうことがあります。宣伝を繰り返せば、再び集客も望めますがそれ以上に広告宣伝費がかかったのでは利益には繋がりません。それに対して、フランチャイズの場合はブランド力だけで安定した集客が期待できる上に、本部がCMなどの形で大々的に宣伝を行ってくれます。テレビやラジオCMや雑誌広告は、近隣にチラシを配って回るよりも更に高い集客を期待することができます。そのため、広告宣伝費の捻出に頭を悩ませたくない人にもフランチャイズという形がおすすめです。