本部に支払うロイヤリティはどのくらいか?

フランチャイズのロイヤリティを確認しよう

フランチャイズの加盟店の契約を結ぶにあたっては、本部に支払うロイヤリティの割合をしっかりと確認することが重要です。一般的に、コンビニをはじめとする小売店のフランチャイズは、本部のサポートがしっかりとしているため、商品の仕入れルートの確保や、アルバイトの店員の研修を効果的に行うことができます。また、本部に店舗の開店のために必要な土地や建物の購入費用を負担してもらえるところもあり、最小限の元手で事業を始められます。一方、手厚いサポートに比例して、月々に支払うロイヤリティが高額になる傾向があります。そこで、ロイヤリティを支払った後も健全な経営状態を維持するために、こまめにフランチャイズ事業の専門の担当者と相談をしながら、店舗運営を行うことが大切です。

フランチャイズのロイヤリティの負担を抑えるには

フランチャイズの事業で成功をするためには、ロイヤリティの負担の軽い本部と契約を結ぶことがおすすめです。例えば、学習塾やブランド買取店、ガソリンスタンドなどのサービス業のフランチャイズの業態は、飲食業や小売業と比べてロイヤリティの割合が低く設定されています。また、フランチャイズの本部によっては、事業を始めたばかりの加盟店のオーナーが生活に困窮しないよう、ロイヤリティの支払い期限を長く設定しているところや、収支保証のサポートを行っているところもあり、初めて自営業に挑戦をする人も安心できます。なお、自己資金の金額によって、ロイヤリティの割合に差が出ることがあるため、興味のあるフランチャイズの本部の資料にしっかりと目を通しておきましょう。