開業前に必要な自己負担金は幾ら必要か?

全くなくても開業が可能なケース

株式会社を設立するとき、以前は資本金が一定額必要との決まりがありました。現在は資本金に関する決まりはなく、すべて借入でも会社の設立できます。もちろん自己資金があった方が運営はしやすくなります。個人でお店を運営をするとき、すべて個人で行うときはそれなりに自己資金が必要になるでしょう。ではフランチャイズを利用するときはどうかです。コンビニや居酒屋、その他いろいろな業種がありますが、中には全く自己資金がなくても開業できるところがあります。つまりはすべて借入で行えます。借入のための審査があるために誰でも利用できるわけではないでしょうが、返済計画なども含めで指導してもらえるので、自営業の経験がない人にはありがたいかもしれません。

売上保証があるかないかで異なる

個人で事業を行うとき、一からすべて自分で用意する方法と、フランチャイズを利用する方法があります。フランチャイズだと、ビジネスのノウハウなどの提供を受けながら自分で経営が行えます。一定のロイヤリティを支払うだけで、売上は自分で管理できます。自営業なのでそれなりに自己負担金が必要になりますが、どれくらい用意すればいいのか気になるかもしれません。同じフランチャイズでも、売上保証の選択によって違いがあるようです。売上保証が多い仕組みを利用すると、少ない資金での運営がしやすくなります。ただしフランチャイズからの指示が多くなり、自己の裁量の範囲は減ります。売上保証がないタイプだと、軌道が乗るまでの運転資金が必要です。300万円から500万円ぐらいあるといいかもしれません。